WiMAX比較してみました

WiMAXの料金とプロバイダを比較する

インターネットの利用が普及・拡大して、10数年と経過しますが、私たちの生活の中では欠かすことのできない情報通信インフラになっています。

インターネットを使う時には、自宅では光回線、外ではLTEなどの無線公衆回線、あるいはWi-Fiといったようなメニューがあります。

しかし、外でモバイルインターネットと使う時には、LTEのようにデータ使用制限があることから、WiMAXが非常に有効な 通信手段として注目されています。

月額の契約金額もLTEと比べて、非常に値段がリーズナブルであることから、利用者が年々、増えているのが実情です。 しかし、なるべく月額の契約料金を安く抑えたいというのが、利用者の願いであることは、言うまでもありません。

このようなことを考えると、WiMAXも取り扱っている事業者が いくつかあるので、その中から、いかに安い契約で使えるかを予め調べておくことが必要です。

最近は、インターネットでWiMAXというキーワードで検索すると、料金の比較が可能です。 取り扱う事業者がいくつもありますが、標準的なパターンとしては、2年継続契約料金を安くするパターンがほとんどです。

楽天グループRacopon(らくーぽん)あるいはネット証券で有名なGMO、もしくはSo-netもWiMAXの低料金の事業者として 有名ではないでしょうか。

もし、あなたがauのスマートフォンを使っている場合、まとめた契約で月々の料金を安くできることにもなります。 この3社以外にも、いくつかの事業者がありますが、キャッシュバックキャンペーンを使いながら、料金を抑えていくという選択肢が可能になります。

最近は、自宅でインターネットを使う場合、光回線を契約する ということが普通でしたが、この代替回線としてWiMAXを使うとことで、月額料金を抑えるというような使い方も増えてきています。

従って、WiMAXを扱っている事業者の中から、キャッシュバック金額、2年継続金額などをトータル的に判断して、インターネットに掲載されている事業者サイトからで契約することが、費用を抑える現実的な方法だと言えるでしょう。 特に最近は、今まで以上に通信スピードが速いWiMAX2+も登場しています。

これは、固定の光回線とも遜色ない通信スピードが特徴でもあり、安い月額料金で人気を博しています。 光の固定回線、スマートフォンの契約料など、家族全員の通信費をカウントしてみると、どけだけの費用を支払っているでしょうか。

ストレスのない回線を使うと同時にできるだけ費用を節約したいと思うならWiMAXを使うことをおススメします。

WiMAXキャッシュバック比較.com

WiMAXを使ってみて

WiMAXを使ってみて、感じたのは、まず持ち運び可能なモバイルだったので便利でした。

最大で8回線が同時に繋がるようでしたが、私自身は、同時に4回線までしか使う機会がありませんでした。繋がり具合は、場所にかなり差が出る印象です。

我が家は、WiMAXの繋がり具合は、あまりよくなく、いつも同時に2回線使うのですが、家の場合、1台のみ繋がる時や、全く繋がらない場合もありますが、屋外だったり、飲食店、喫茶店の方が回線がよく繋がり、割と自宅で使うより、外で使っています。

WiMAXにしている理由は、インターネットで申し込める点と、色々な特典が自分で選べる点でした。携帯会社のwifiでもよかったのかもしれませんが、家族が携帯会社を統一していないので、あえてWiMAXにしている所もあります。

注意点としては、ナビを使って山の中や、トンネルを走ると、ナビがついてこれずに、場所がわからなくなります。これは、他のモノもなるのか、わからないのでWiMAX限定かわかりません。

WiMAXは真っ直ぐから電波をとるような話を聞いたことがあるので、できるだけ何もない窓際に置いて使っています。

インターネットでWiMAXを申込むと、WiMAXの設定のセットは、各自で行うことになるので、機械にあまり強くない私は、やや悩みながらセットしました。使い方が正しいのかは、わかりません。

私は動画をあまり見ませんが、家族が言う限り、動画もスムーズに見れるそうで、特に遅い事もなく、ストレスフリーで、いいんじゃないかな、と思います。

電池は、繋がりがよいと、全く減らずですが、繋がりが悪いと、ものすごく早く感じます。

全体的に考えると、私には向いていると思って、使っています。契約が2年のものが多いので、それを忘れないようにする位でしょうか。